ジョンソン打ち切りの本当の理由は?終了後の後番組は何になる?

この記事ではジョンソン打ち切りの本当の理由は?終了後の後番組もチェックについてまとめています。
・ジョンソン打ち切りの本当の理由
・ジョンソン終了後の後番組

ヒット企画ができず、企画が枯渇。
さらに視聴率低迷が原因のようです…。

目次

ジョンソンが終了

大人気番組『リンカーン』の後番組として始まったジョンソン。

2024年9月末で終了することがネットニュースで発表されました。

あくまでもまだ公式から発表はされていませんが驚いた視聴者も多いことでしょう。

ジョンソンといえば

  • かまいたち
  • モグライダー
  • 見取り図
  • ニューヨーク

という今をトキメク売れっ子芸人だらけの番組として満を持してのスタートを切っていただけに残念でなりませんね。

しかし、ジョンソンは最初は毎週放送だったのに、隔週、さらには3週間放送されることがないということで

打ち切りなのでは…?

とも最近話題になっていました。

もともと週1のレギュラー番組としてスタートした番組なのに、まさかの2024年6月は放送されない可能性もあるんです。

そこへ、今回の「ジョンソン9月末終了」という発表に「やっぱりな…」と思う視聴者も一定数いるようです。

そこで、今回なぜジョンソン打ち切りになってしまったのか原因を調査してみました。

ジョンソンが終了の理由は?

リンカーンの終了理由は「出演者のスケジュール押さえが困難になってきたため」というポジティブなものでしたよね。

出演者みんなが大人気になっちゃって、とてもじゃないけどスケジュールがあわなくなっていったんだよね…。

それではジョンソンがわずか1年で終了してしまうのはなぜなのでしょうか?

ジョンソン終了理由として3つ挙げられていました。

  • ネタの枯渇
  • 内輪のノリでつまらない
  • 視聴率の低迷

一つ一つ見ていきましょう。

ジョンソン終了理由①ネタの枯渇

わずか1年足らずでジョンソン終了に追い込んだ一番の理由は「ネタの枯渇」でしょう。

そもそも旬の芸人が揃っているので、面白くないものを作る方が難しいですよね。

しかし、芸人が美味しく料理しようにも、食材がなければ料理をすることができません。

今回のジョンソンではその食材にあたる「ネタ」があまりにも枯渇していたんです。

そもそもジョンソンは番組側が用意した企画にタレントがチャレンジする模様をお届けする形式の番組だからね…。

企画が面白くなければ、いくら力がある芸人さんでも限界がある

2024年5月20日に放送されたのは「TBSの名物番組『最強スポーツ男子頂上決戦』の名競技をジョンソン流にアレンジ」したものでした。

思いっきり人気番組をパクってますよね。

もちろんその他の多くの企画があれば、1度や2度くらいパロディ的に真似た企画でも楽しめるでしょう。

しかし、ジョンソンはそのような企画が多い傾向があります。

他の人気企画が生み出せない⇒とりあえず他の人気番組をパクってつなぐ⇒パクリばかりはまずいからオリジナル企画をやる⇒オリジナル企画が人気でない

というようにどんどんネタが枯渇して行ってしまったようです。

ジョンソン終了理由②内輪のノリでつまらない

ジョンソンがつまらないと言われている理由の一つに「内輪のノリすぎてつまらない」というものがありました。

大学生の延長みたいなノリでつまらない

グダグダすぎてみていられない

メリハリのない企画も相まって、内輪で盛り上がっている様子が視聴者はつまらないと判断してしまったようです。

ジョンソン終了理由③視聴率の低迷

ジョンソンは企画力の中から視聴者離れが進み、視聴率が低迷してしまいました。

なんと放送スタートからわずか1か月後に水増し視聴率である世帯視聴率で1.9%だったんです!

1.9%は極端な時ではありますが、ジョンソン全体の視聴率は主に3%台を推移していたとありました。

視聴率が低いのはわかるけどどれだけ低いのかいまいちイメージつかない…。

他の番組の視聴率をみていこうか!

バラエティ視聴率【関東地区】
  • 相葉マナブ:5.4%
  • 踊る!さんま御殿!!:5.6%
  • オモウマい店:5.8%
  • プレバト!:6.0%

バラエティ番組なので、系統や放送時間帯の違いから一概に比較できません。

また、登場するゲストや企画内容にも視聴率は影響するので多少は前後するでしょう。

しかし、ジョンソンの視聴率がいかに低いのかが分かりますよね。

リンカーンは総合視聴率13.4%を出したりしていたから、後釜としては心もとないよね…。

この低視聴率をどうにか上昇させようとスタッフも奮闘したようですが、思い描いたヒット企画を作り出すことができず終了となってしまったようです。

ジョンソンはおもしろい口コミも!

わずか1年足らずで終了することになってしまったジョンソン。

しかし、視聴者の中には面白いという声ももちろんありました。

誰がなんと言おうと私はジョンソンおもしろいと思うし出てる芸人さんたちみんな大好きだしまたこういう番組とかやってほしい

ジョンソンおもしろいのに…

ジョンソンいまのところおもしろいしかない、アイドル軍団全員めろ〜〜〜〜

中には最近見取り図が好きになり、ジョンソンの放送を心待ちにしていたファンの方もいらっしゃいました。

企画が面白いと感じていた人にとっては、ジョンソンが終了するのは本当に残念ですよね。

ジョンソン終了後の後番組は?

それではジョンソンが終了したあとはどんな番組が始まるのでしょうか?

現在ジョンソンから正式に打ち切りの発表がされる前のため、後番組が何になるのかは不明です。

ただ、ここまで番組がコケてしまったので、人気芸人が集まってさまざまな企画をしていく形式の番組にはならないでしょう。

惨状が目に見えているもんね…。

もしかしたらガラッと雰囲気を変えてドキュメンタリーや音楽番組になるのかもしれません。

ジョンソン終了のまとめ

リンカーンの後番組として始まったジョンソンの終了が話題です。

ジョンソン終了の理由として多い説は

  • ネタの枯渇
  • 内輪のノリでつまらない
  • 視聴率の低迷

です。

ジョンソンが始まるとなった当初は、実力のある人気芸人さんたちが集まっていた番組だけに1年前は打ち切りなんて想像できませんでしたよね。

なんでこのメンバーになったのかとか話題になったよね。

ここに千鳥がいたらどうなるんだろう?って想像したりしたよ。

しかし、娯楽がたくさんある現在、企画力がないといくら人気や実力がある芸人さんを起用しても視聴率を伸ばすことは難しいようです。

ジョンソンに出演している芸人さんたちはいずれ「ジョンソン1年で終わっちゃったな~」という一つのネタができたと思えば少しは楽になるでしょうか…。

最近では「それって実際どうなの課」がまるっと移籍した「それって実際どうなの会」が話題になりましたよね。

テレビ局から戦力外通告を受けたとしても、ある程度ファンがいてちょっとリニューアルすれば視聴率が取れる番組もあるでしょう。

筆者はヤドカリ作戦って勝手に呼んでます…。

ファンからしたら嬉しいですし、新しいテレビ局側もある程度人気があるのは分かっているので取り入れやすいですよね!

しかし、ジョンソンはわずか1年で終了…。

残念ながら、それって実際どうなの課のようにヤドカリ作戦はないでしょう。

ジョンソンを視聴するのを楽しみにしていた人は、9月末までジョンソンを最後まで楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次